· 

ネウマ譜のお勉強

新福岡古楽音楽祭 グレゴリア聖歌のセミナーへ。

 

まだ楽譜が存在しない中世ヨーロッパの初期、教会では修道士たちが口伝によって聖歌を歌っていました。その後、音を点や線などの記号で表すようになり、次第に四角い音符と譜線が登場しネウマ譜という楽譜に進化したのです。

 セミナーでは口伝→記号→ネウマ譜でグレゴリア聖歌を実際に歌ってみました♪

するとネウマ譜になるにつれて音程は明確になるけれど音の抑揚や表情がなくなってしまうのです!音符と音符の間の音は楽譜では表せないからです。でもその間の音を感じることはとても大切です。ピアノの鍵盤は歌やヴァイオリンと違って全音半音しか出せないので演奏者が感じなければいけません。現代の楽譜を一生懸命見ながらピアノを弾いている子供達には視覚的にもピアノの構造的にも表現することが難しいということですね。

実際体験することで、知識だけでは分らない発見がありとても勉強になるセミナーでした。

  ピアノのレッスンでも生徒の楽譜についピヨ~ンと線を書いて「この音ゆらいで~」「フワッと抜いて~」なんて言うことがありますがこれって大昔の人たちがやっていたこと?という発見も!文明が進化しても人間の素は同じのようです。

 

安積先生の面白いお話をたっぷり4時間♪楽しくてあっという間でした。